トップ 当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用について
ご依頼後の手続よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク


借金・負債のご相談
はじめに
弁護士に依頼するメリット
債務を整理する方法
任意整理について
自己破産について
民事再生について
どの方法を選択すべきか
債務額の計算と過払金


 よくあるご相談TOP
 ・交通事故
 ・負債・借金
 ・離婚
 ・相続
 ・その他


債務を整理する方法

● 民事再生について

手続の概要
民事再生とは、債務を債権者の同意なく強制的に減額させることができ、減額された債務を原則3年で分割して返済するというものです。ただ、返済する金額は、破産した場合に債権者に分配する金額以上である必要があります。

メリットとしては、例えば、自己破産を心情的にどうしても避けたい場合や、破産をしても免責(債務の免除)が認められない特別な事情がある場合に、返済する総額を少なくすることができます。
また、住宅ローンを負担している場合に、自宅を残したまま債務を減縮することができる制度があることも、民事再生の大きなメリットです。つまり、住宅ローンの返済は従来どおり続け、他の債務のみ減額させることができます。ただし、法律上の一定の要件を満たす必要があります。


手続の詳細
個人の方が民事再生を利用する際は、@小規模個人再生とA給与所得者等再生というふたつの手続があります。

小規模個人再生 給与所得者等再生
適用
条件
・個人であること
・将来継続的にまたは反復して収入を得る見込みのあること

・住宅ローン等を除く債務総額が5000万円以下であること。

・債権者の半数以上が異議を出すか、または、異議を出した債権者の債権額が債権総額の2分の1を超えた場合は、再生手続廃止となる
・個人であること
・将来継続的にまたは反復して収入を得る見込みのあること、さらにその収入が定期的で安定していること
・住宅ローン等を除く債務総額が5000万円以下であること。

・債権者の同意は不要
弁済
基準額

@最低弁済基準額 
A清算価値保証原則 
            
のどちらか高いほう

@最低弁済基準額 
A清算価値保証原則に加えて 
B可処分所得の二年分

この三者の中で最も大きいものが最低弁済額となります

(最低弁済基準額)

100万円未満 債務全額
100万円以上
500万円未満
100万円
500万円以上
1500万円未満
債務額の2割
1500万円以上 300万円



  
  
  民事再生は、自己破産と異なり、一般の方にあまりなじみのない手続ですが、上記
  のようなメリットがあり、債務者の希望に沿った形で経済的立て直しが可能になる
  ケースがあります。
  ただ、利用するには一定の要件を満たしている必要があり、また、資産の状況によっ
  ては利用できないケースもあります。


PAGE TOPへ戻る


杵築支部
住所:杵築市大字杵築1318番地(杵築裁判所隣り)    地図
TEL:0978-64-0808 FAX:0978-64-0809
受付時間:午前9時〜午後5時30分
携帯QRコード
携帯サイトへはこちらから
別府支部
住所:別府市駅前町12-14 ケイビル2階(別府駅正面)  地図
TEL:0977-21-6088 FAX:0977-21-6099
受付時間:午前9時〜午後5時30分

TOP当事務所について弁護士プロフィールご相談・ご予約について弁護士費用についてご依頼後の手続
よくあるご相談顧問契約についてお問い合わせアクセスお役立ちリンク

Copyright(c) 2004 Kosho law office All Rights Reserved